「バス釣り」スピナーベイトの収納に最適!「ダイワ ワレットポーチ(A)」

ダイワ ワレットポーチ(A) シルバー

スピナーベイト、バズベイトを賢く収納出来るケース「ダイワ ワレットポーチ(A) 」をご紹介。

皆様、陸っぱりで持ち運ぶルアー選択の中にスピナーベイトって入っていますか?

私は季節や天候などにもよっても変わりますが、ハイシーズンなら必ずと言ってよい程、基本的に入っています。

というのも、手早く探れて根がかりのリスクも少なく、さらに近年は有名になりましたが、サイトフィッシングにも使えるルアーだからです。

でも、スピナーベイトってウエイトもさることながら、カラーバリエーションも豊富で選択肢が多いのも事実。

なので、今までの陸っぱりでは、厳選したルアーから更に絞って現場に持っていかざるを得なかったんです。

 

「タックルを絞る」これも陸っぱりの楽しさの一つではあるのですが、「備えあれば憂いなし」という言葉もあるように、自分の中での最低限は持って行きたい気持ちが常々ありました。特に車から長距離離れる時には強く思っていましたね。

昨今のフィールドハイプレッシャー化に伴って、細かい部分なのかもしれませんが、ルアーウエイトやカラーバリエーションの変化が釣果に影響する事が少なくありません。

そこで何か便利なものはないかと、釣具屋を眺めていると、、そんな悩みを解消してくれるモノが既にダイワさんから発売されていました!(笑)

 

10枚の密閉袋が入っていて、5枚綴りで取り外しも可能

 

普段、陸っぱりに持ち歩くルアーケース。その中でいつも暴れているスピナーベイトを別のケースに入れると、やっぱり楽です。

ケース内のルアーを取り出しやすい上に、選びやすいメリットを生んでくれました。

なんせ、スピナーベイトってパーツが多いので、他のルアーとよく絡まりますよね。それを別にして持ち運べるので、特に陸っぱりで長時間、車に戻らない時は重宝します。

嬉しい事に、このポーチ、裏側にはベルトとリングが付いているので、タックルバッグやボックスにも取り付けられるのです。

これで持ち運びには全く困りませんね。

今までのように他のルアーと絡まったり、出発前にウエイトやカラーの選択に悩まずに持ち運べます。

あと1点、大きなメリットとして、他のルアーと違うケースにする事によって、他のルアーのフックのサビが侵食してこないです。

これは、針の交換ができないワイヤーベイトならではの悩みであり、非常にありがたいですね。針が錆びて買い換える事を考えると、ケースの元は取れる商品です。

買って良かった商品のご紹介でした。

 

ダイワ ワレットポーチ 販売サイトをみる

 

スポンサーリンク


                

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ