『バス釣り』千葉県 高滝湖 灼熱の釣果レポート

7/7(木)七夕の日に春ぶりに行ってきました千葉県高滝湖。と、その前日、高滝は約3ヶ月ぶりということもあり前日からタックル準備と一応のプラン立てをして準備万端。大漁祈願をし就寝。起きると、まさかの6時!!やってしまった。。まさかのオーバースリープ(寝坊)。この時期の朝一を逃すという大失態です。高滝まで片道2時間かかるのでフィールド変更も考えましたが高滝用にタックルを組んでたので、腹をくくっていきました。(笑)

IMG_0499

到着すると既に9時。無風のウダルような暑さで車の外気温計では31℃を示してました。当日の予報は最高気温35℃。抜群のサマーな気候。正直、まじか。。(笑)

さぁ本題の釣りのプランは、この時点でエリアの選択肢は3つ。1つ目は手堅くベイトを追ってる本湖のスクール狙い、2つ目は、サイトで楽しく養老川か小敷谷川。3つ目にいいとこ取りの本湖と小敷谷セットという選択肢です。結果、久しぶりの高滝でクソ暑いこともあり、気持ち良い清流でサイトフィッシングをしたかったので養老川に決定!

IMG_0492

高滝湖でレンタルボートといえば高滝湖観光企業組合さん 詳しくはこちら

さぁ、出船です!

そうそう、今回は非常に暑いとの予報もあり、ガラにもなくUVケアをしました!(笑)

実は仕事上、あまり日焼けしすぎるのは良くないので顔の日焼けを防ぐアイテムを購入。「将来、シミ防止になるから使って」との相方のアドバイスもあって初使用しました。感想は思ったよりムレない!しかも発汗すると即座に汗を吸って、ひんやり冷やしてくれる優れものです!これから紫外線の強い晴れの日なら確実に使用しますね。Columbia(コロンビア)さんありがとう!な商品!オススメです!サングラス焼けが嫌な人、シミになりたくない人はチェックしてみてください。

コロンビア(Columbia) フリーザーゼロネッククーラー(FREEZER ZERO NECK COOLER) PU1637 019 CoolGrey O/S

詳しくはこちらをどうぞ。

 

では本題に戻りまして、まずは養老に向かう途中の要所を通るとチラホラ、バスが見えます。入りの時間も遅かったので、スレてるような気がしたので、いきなり出だしからフィネス投入!虫系ルアーでチョウチンすると速攻ボコン!がランディング寸前で惜しくもバラし。。はい、毎度!まぁこんなものですね。(笑)ちなみにかけた場所はこんなところです。境橋付近の植物公園の本湖寄りの場所です。

IMG_0504

いかにも虫ってくださいな的な場所ですよね。これで確信、やっぱり、こんな日は虫だ!と思いながら釣り上がっていくと、、

IMG_0508

これまた、虫投げてポイントです。虫るとやっぱり、すぐに出ました。

IMG_0507

ちょっとガリって口に傷がありますが40ジャストの綺麗なバスです。

IMG_0505

ルアーをガッポリ。。嬉しいですが、このように喉の奥に掛かってる時はデリケートな場所なのでフックの返しを潰して優しく針を外してあげてくださいね。

ちなみに、この子に食わせた方法なのですが、この場所は小バスがとても多かったんです。先にヤンチャなおチビに食われないようにしました。小バスはボイルだけさせてバイトから上手くかわします。しばらくして良いサイズがきたら、その子に食べさせるようにしました。と偉そうなこと言ってみたのですが、これが、たまたま出来ちゃったんですね。(笑)

ヒットルアー:フィッシュアロー  エアーバッグバグ 1.6

ライン:ダイワ PEライン パフォーマンス LD++Si 120m 0.6号

フック:ハヤブサ DSR132 フィネスガード TYPE-D

ナイスバイトに気分を良くしてさらに上流へ。でも、めっちゃ暑いのなんのって。とりあえず、アクエリ飲みながら適当に進んでいくと大量のベイトゾーン。そこにいいサイズのバスのスクールがいました!食わせどころのカバー探し、先回りして、静か〜に待つと悪デカイやつら来ました。。ルアーをバスの進行方向の先のカバー忍ばせ、シェイク、、ルアー付近を通りかかると、すぐにバイト。。がファイト開始後、あまりの速さにカバーに巻かれて、即、木化け。いいサイズだったのに残念ですが驚きです。なぜならPE1.5、Mパワーロッドのハイギアリールをセットした、いわゆるパワーフィネスで止められなかったんです。(腕が悪いのでしょうが)今までこのタックルで止まらないことってほとんどなかったのですが、まさかの45cm前後のバスであの引きは最高ですね!養老川のポテンシャルの高さを感じました。

養老バスに興奮させてもらったところであまりにも暑くて、フワフワしてきちゃったので(ヤバいやつ)橋下で小休憩のつもりが1時間ステイ。(笑)この日は前日から比べて気象庁情報発表で5℃以上気温が高い猛暑日。本当に暑かったんです。ボート屋の気温計では36℃だったと言ってました。風があればまだいいんですがこの時点では無風。虫ルアー日和ってことですかね。風あるとやりにくいですしね。ちなみに水温は養老川中流で25℃、上流では24℃でした。

IMG_0517

そんでここからは餌となるベイトフィッシュ、プラス、カバーを探し同じようにサイトでグッと!

IMG_0509

IMG_0511

体高のあるプリったバス!!42、3ぐらいでしょうか。これぞ高滝バスって感じのカッコイイ子でした。

こんなところでヒット

IMG_0514

こんな感じの良いポイントが思う存分あるのが養老川のいいところですね!最高です!

ヒットルアー:D STYLE トルキーストレート 4.8inch

フック:ハヤブサNSSフック 1/0

ライン:PE1.5号(1年半巻き換えてないのでメーカー忘れましたm(–)m)

なんせ上流は水が綺麗で癒されます。それと、これは知ってる人も多いかと思いますが、噂で聞いていた魚が養老川の上流に沢山いました!あまり大ごとにしない方がいいかと思うのでここでは名前は言いませんが、噂は本当だったんですね。釣り人にとってはいいのかもしれませんが、多方面ではよくないことかと。。

まぁ気をとり直して下り始めるとようやく、恵みの風が吹いてきました。こうなると水面が荒れてサイトでの虫ルアーは厳しいです。切り替えてスイムベイトで巻きながらスピーディーに展開。

少しすると、よそ見中にラインが走ってました!

IMG_0521

30後半のバス。この子、体格の割に引きが凄かったです!川のアウトサイドに居たので泳ぎが速いのでしょうか。

こんなところにいましたよ。

IMG_0522

この真下でバイト。

ヒットルアー:OSPドライブシャッド 3.5 ソフトシェルスモーク

フック:ハヤブサTNSオフセット 1/0

こんな感じで暑さにやられ4時過ぎにストップフィッシング。若干気持ち悪くなりそうだったので念のため早上がりしました。(笑)

夏の晴天時は小まめな水分補給と日陰で休憩、睡眠はしっかりとって無理なく釣りをしましょう!熱中症にならないように注意してくださいね。この日は本当に暑かったです!(笑)釣果は3本キャッチに終わりましたが養老川は気持ち良く、ベイトも豊富でいいバスが釣れる素晴らしいフィールドです。ここ数年、亀山ダムの人気で高滝の釣り人が減っているみたいです。この時期がチャンスかもしれませんよ。

今回の高滝、養老川は良いポイントが沢山あるのでマップは大雑把なポイントです。(笑)

実際に行って確かめてみてくださいね。ポイント豊富!バスはもちろんベイトも豊富です!!

スポンサーリンク

                

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ