バス釣りガイド 小貝川 日替わり感、満載釣行

この日は妙に暖かい晩秋。

釣れそうな雰囲気の小貝川です。ゲスト様は常連様のE様^^

変わらずスピナーベイトでいいコンディションのバス君たちをキャッチして頂きました(^^)

さすが巻物が得意なE様ですね^^

いつもご利用頂き誠にありがとうございますm(- -)m

 

ちょっと話は脱線しますが、最近、すごく感じる事があるんです。

それは、どのルアーでも言える事ですが、元々自分自身で持っているルアーの出しどころや使い方などの固定概念を疑うのは大事な事だなっとよく感じています。

というのも、例えばE様に関しては以前はクランクひたすらにやり込んでいて次にスピナーベイトとルアーを絞って釣りをしていたようで、普段からライトリグやスローな釣り方をメインにしている方からすると、「そんな場面で効くんだ」っと驚くと思うんです。

実際に私もゲスト様の方々の釣りを拝見させて頂き、「ここでこのルアーで出たか!」と日々大変勉強になっております。(笑)

それを目の当たりにして自分風にアレンジしたり、 各フィールドの特性や雰囲気に合わせたり、逆に思いっきり変えてみたりと試行錯誤をする中で日々発見があります。

少しずつ自分の武器(得意なルアーや釣り方)増やして、臨機応変に変えていくのがバスフィッシングの楽しさの一つだと感じています。

もちろん、真冬は別ですけどね。(笑)

厳寒期は効果的なルアーを信じて魚の多いエリア(食わせどころはありますが、、)でやりきる!これに限りますね

このあたりの話は話すと凄く長くなりそうなので、他の記事で書きます(^^;

 

最近は以前の釣果情報ばかりになってすみませんm(- -)m

以前のようなブログ内容も時間を作って取り入れていこうと思います。

時間が少しでもあると釣り場の開拓や新しいアイデアを冬であっても現場で試したくなってしまうのでブログの更新が疎かになってしまいます。(笑)

ゲストの皆様やいつもご覧いただいている皆様、誠にありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。

 

                

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ