ルアーロスト激減!!ルアーフィッシャーマン必須アイテム根掛り回収機紹介

フィールドに合わせてルアー購入し釣りに行って数投で根掛り、そしてロスト。。悲しすぎますよね。そんな私も回収機を購入するまでは相当数ロストしました。ボートでの釣りならラインを弾けば多少は外れるのですが、オカッパリの場合、一度根掛りすれば高確率で回収不可となってしまいます。そんなアングラーの悩みを解決してくれる回収機をタイプ別にご紹介いたします。

根掛り回収機は大きく分けて2種類あります。

根掛り回収機タイプ

  1. リールタイプ
  2. スティックタイプ

両者一長一短あり釣りのスタイルに合わせて選び使い分けます。

スポンサーリンク

リールタイプ

IMG_0231

メリット

リールタイプの優れている点はなんといっても、釣り人とルアーとの回収できる距離です。オカッパリでは沖めを狙うこともありスティックスタイプでは届かないところまで回収機を送り込むことが可能です。使い方は先に付いた重り入りのカプセル状の筒をラインに通しスルッとラインを辿り滑らせ反動で根掛りを外すものです。カプセル状の先端が十字になっていてルアースナップまたはアイに深く掛かりルアー自体を引っ張ることも可能。IMG_0234

回収機自体が小型でバックに収納すれば釣りに集中できます。オカッパリには抜群に合いますね。

IMG_0237

デメリット

アングラーとルアーとの間に角度を作る必要があるためです。これはラインをつたってルアーに回収機を届かせるのであまりに距離があったり、ルアーとの間に避けられない障害物があると機能してくれません。

 

ですがこのリールタイプルアー回収機でかなりの数のルアーか救出できます。少し高いように感じますが回収できるルアーの金額と比較すれば3、4回収すれば元は取れるので特に私のようなオカッパリアングラーに必須のアイテムです。

 

 

リールタイプでも幾つか種類があるのですがオカッパリならこちら

少し重量がありパーツが多いですが回収率は高いこちら

 

スティックタイプ

belmont/ベルモント ルアーリトリーバーJP2700  【MR-128】【ルアー回収機】

メリット

スティックタイプのメリットは先端にコイル状の回収機を棒でそのままルアーに届かせ、ひっかかった物(根)自体一緒に強く引っ張れることです。これによりリールタイプと比べ格段に回収率は高くなります。

デメリット

その長さゆえ、収納性の悪さと商品により長さが違うことです。収縮式なのでそれなりに伸びますが最長でも5mまでしか伸びません。ボートならリザーバーのディープでなければ充分対応可能ですがオカッパリまたはディープレンジでハードルアーが根がかると厄介です。

スティックタイプ2.7m回収機

スティックタイプ4.7m回収機

 

まとめ

皆さんはどちらがお好みでしたでしょうか。フィールドや釣りのスタイルから検討して使用してください。

オカッパリメインならリールタイプ

ボートメインならスティックタイプ

このように考えて差し支えないでしょう。

根掛り回収機はバスアングラーにとって必須アイテムの一つだと私は思います。根掛りしたルアーによる環境汚染対策にもなりますし、高価なハードルアーを失くすリスクを最小限に抑えられお財布にも優しいアイテムです。

是非ご利用ください。

 

基本的にどちらのタイプも布系障害物に根掛りした場合には効果を発揮しにくいです。

ご参考になれば幸いです。

Reduce Lures Lost For the Field Nature and Save Money