シーズンイン目前!!

長い冬から、心踊る「春」がようやくやってきました!

三寒四温を経て少しずつ平均水温も上がり、春のビッグイベント、スポーニングの時期に入ります。

そんな春、ご質問を頂く中で多いのが「春のオススメルアーはなんですか?」と聞かれます。

今回は年中、小中規模河川をメインに釣りしている中で春に効くルアーをご紹介します。

スポンサーリンク



 

早春のジャークベイト

水温の変化の激しい時期に、表層に暖かい水、底に冷たい水がはっきり別れる、いわゆるターンオーバー現象が起きている時に効くことがルアー。早春が吉。川だとターンは起きないと言われますが、水が動きにくいワンド内や柔らかい反転流が効くポイントで深みがある場所など川でも地形によってはターンは起きると私は考えています。ジャークベイトにした途端連発!!という経験を何度かこの時期にしています。

ぶりんぶりん クランク

こちらも春の定番クランクベイト。

ハードルアーが好きな事もあり、春は大活躍しています。

ハードボトム帯や地形の変化のあるハンプ、チャンネル、カバーなど様々なシュチュエーションで使える好きなルアーです。

なんかクランクってカッコイイ(笑)

俺のゲームなスピナーベイト

こちらも私が好きなルアー(笑)

春や秋の定番でもありルアーを引くレンジ(層)を釣り人自身で自由に変えられて、何でこんな形のルアーで釣れちゃうの?って毎回思ってしまう感じがとても好きです!

デカバスも釣れて根掛かりも少ない万能ルアー。

何かに絡めて引いてくる事を意識すると釣果がアップ。

例 [杭、岩盤系ボトム、葦、ブレイクなどの地形変化、水面、カバー、リップラップ、テトラなど、、、。]

 

ひらひら閃くバイブレーション

冬から春にかけて活躍してくれるバイブレーション。

細かい波動でしっかりしたシルエットでデカバスのスイッチを入れてくれるルアーです。

広大な大場所の地形変化やシャローフラットを広範囲にサーチできる優れもの。

 

オールレンジャー フットボールジグ

春から初夏までとても効果的なフットボールジグ。

ボトムの釣りはもちろんですが、中層ミドストがオススメです!

この釣りはハマるとやばいです(笑)

 

フィネスな微波動シャッド

バスが強い波動を嫌がっていそうな時に使えるシャッドやミノー。

スポーニング時期のナーバスな時に活躍してくれます。

 

いつでも使えるライトリグ

春に使うリグはキャロライナリグ、ダウンショット、ネコリグetc….が多いです。

ゆっくり、まったり、の〜んびりしたい時に使うと気持ちも和らぎます。

場所やタイミングによって効くワームを探してみてください。

 

上記が年間130日以上フィールドにいて春に効くと思うオススメルアーです。

皆様が春のデカバスキャッチできる事を願ってます^^

 

スポンサーリンク