皆さんはどんなスタイルで釣りをされていますか?

陸っぱりでのんびり釣りをされる方、ガッツリ藪漕ぎしてバスを探し、前のめりにバスを追い求める方。

メジャーフィールドでレンタルボートスタイル、フローターで未開の小規模フィールドを開拓したり、広大なフィールドをバスボートで疾走し釣りを楽しむ方など釣り楽しみ方は様々です。

そんな中、近年度々見かける、ある釣りのスタイルが増えてきました。

それは「フロートボート」というスタイル。

 

 

フロートボートとは?

両サイドにフロートと呼ぶ浮力体をつけ、不沈構造。

丈夫で安心な1人乗りの小型ボートです。

実は、およそ10年ほど前から発売していて、私自身、近年このフロートボートをフィールドで見かける機会が増えてきました。

その理由はなんといってもコンパクトなサイズで軽量。

フロートボート本体は収納時、全長142cm、幅69cm。

引用:CARMATE

改造キットやオリジナルデッキを入れても小型車にも楽々収納出来ます。

オカッパリでは釣りが出来ない未開拓フィールドを場所を選ばず使え、船舶免許や船体検査もなく、組み立ても簡単。

エレキトリックモーターを取り付ければオールを使った面倒な操船も360度、簡単に操船出来ます。

さらに近年フロートボートのカスタムパーツも豊富に販売されているので、釣り好きなら皆さん持っている「少年心」をグッと掴むアイテムとなってきました。

 

フロートボート楽しみ方

フロートボートはなんといっても陸っぱりでは出来ない未知のフィールドを思う存分狙えることです。

いかにもバスの居そうなフィールド沖にから狙えたらワクワクしますよね。

人の少ない自然溢れる釣り場でプカプカ浮いているだけでも気持ちいですし、とても癒されます。

もちろん釣果も上がるはず!?

レンタルフロートボート詳細はこちら
カスタムパーツも豊富

フロートボートはカスタム性が高く、様々なパーツが販売されています。

延長キットを使って船体を伸ばしフロートボート専用ロッドホルダーやタックル置きを付けることも可能。

水面で回転を防止するラダーをつければ更に快適です。

 

 

 

 

 

もちろん小型魚探も取り付けられます。

引用元:http://www.hondex.co.jp/

 

 

 

進化するフロートボート

なんとシャークヘッドというV字のヘッドを装着し、更に2馬力までのエンジンを搭載して海水にも対応してます!!

エレキトリックモーター

エレキトリックモーターをセットする前提でお話すると、手で操舵をするハンドコンタイプと足で操舵するフットコンタイプがあります。

一般的なバス釣り用ボートに比べ、コンパクトなフロートボートは、エレキのスピードやパワーを表すポンドは45ポンド以下のものを推奨。

 

ハンドコンエレキ

ハンドコンエレキは名前の通り、手で操船をするので、比較的簡単に操船をすることが出来ます。

取り付けも簡単で扱いやすい反面、操船によって片手が塞がるので、ボートを細かく操船しにくいです。

釣果にこだわらず、のんびりまったり釣りをされたい方にオススメ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モーターガイド(MotorGuide) ハンドエレキモーター R3-40HT-36
価格:36940円(税込、送料別) (2018/11/22時点)

 

 

 

フットコンエレキ

足で操船するフットコンは両手がフリーなので釣りに集中出来ます。

その反面、足で操船するので慣れが必要です。

値段がハンドコンに比べると高めですが、細かく操船でき、圧倒的に釣りはしやすくなりますので、攻めの釣りをされたい方に向いています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ミンコタ】 EDGE エッジシリーズ EDGE 45 36
価格:86184円(税込、送料別) (2018/11/22時点)

 

 

 

レンタルフロートボート詳細はこちら

 

フロートボートのデメリット

あえて、このフロートボートのデメリットをあげるとするならば、広大なフィールドでの釣りに向いていないこと。

大規模なフィールドは風の抜けが良いので小規模なフィールドに比べ、少しの風でも波が立ちやすく、小型のフロートボートは注意が必要です。

周りを森林で囲まれている野池や小規模な沼や流れの緩やかな河川であれば比較的風に強いのでフロートボートの本領を発揮します。

構造上、「不沈」なので沈むことのないボートですが、転覆はありえます。

ボートの上では重心を考えて動くことが大切です。

写真にあるようにクーラーボックスなどに座ると安定し快適に釣りが出来ますのでオススメですよ♪

 

 

 

フロートボートのメリット

ポイントやアプローチの優位性

フロートボートフィッシングでのメリットは先ほどあげた、オカッパリでは釣りが出来ないワクワクする未知のフィールドで思う存分釣りをできること。

バスボートヤアルミボートでは入れない小規模なフィールドで、フローターしか入れない場所での使用をもっとも得意としますが、普段オカッパリから釣りをされている場所でも応用出来ます。

近年のバスフィッシングは人的プレッシャーを受け続け、人と違ったアプローチはバスをキャッチする上で重要となります。

もちろんポイントも大事ですが、ルアーの違いだけではなく、ルアーのトレースコース(ルアーを通してくるライン)も大事なポイントです。

例えば「あのストラクチャーにバスが居そうだな、でも遠い、、、」ってポイントありますよね?

 

そんなポイントってオカッパリからルアーを静かにアプローチするのって非常に難しく、沖に点在しているポイントなど物理的に不可能な場所もあります。

仮にルアーを入れられても同じ角度から何度もルアーをアプローチすると、バスはルアーを学習し喰いつきにくくなります。

アプローチ方法の違いやルアーの違いによって、なかなか釣れないバスを釣ることも楽しみの一つだと思いますが、待ち望んだ休日の釣りをわざわざ制限を作って釣りするのって勇気が必要ですよね。

そこで、このフロートボートはオカッパリでは狙えないポイントを沖から思う存分狙うことができるんです。

それに皆さんもあると思いますが、「何でこのポイントよく釣れるのだろう?」ってオカッパリポイントありますよね。

そこで魚探を掛けてみたら実は、、、という新事実を発見ということもあります。

魚が付く場所にはそれなりの理由があり、それを紐解くのはバス釣りをする上でとても大切で、すごく楽しいことです。

皆さんが、いいバスキャッチして釣りの楽しさを更に深めるのにフロートボートはいいアイテムとなりそうです。

 

根掛かりの回収率も大幅アップ

オカッパリで釣りをすると根掛かりは攻めきれない理由の一つにあります。

ボートで根掛かり回収機を使って釣りをすると、最悪フックを伸ばすか折るかまですれば、私の場合ほとんどロストしません。せっかく買ったハードルアーを根掛かりを恐れて使っていないなんてことありませんか?

恐れず攻めれる大事なことです。

 

根掛かり回収機記事

 

釣りの引き出しが増える

上記にお伝えしたように私は陸っぱりからは怖くて使えないハードルアーが沢山ありました。

「せっかく買ったから使いたいけど根掛かりでロストが怖い」

「無難にワームにしよう」こういった考えは釣りの幅を自ら狭めているんです。

往々にしてハードルアーの釣りが、ワームなどのソフトルアーの釣りより釣れることは起こります。

具体例をあげれば横の動きに反応しやすいタイミングやシーズンです。

クランクベイトの早巻きや、ストラクチャーに絡めながらのスピナーベイト。

シャローフラットのバイブレーションやブレイクショルダーのミノーやシャッドなど、、これで釣れると気持ちいいのにって釣りが沢山あります。

そんな体験を逃してしまっているかもしれません。

そして意外かもしれませんが、実はボートフィッシングではワームをメインにした釣りの方が高いです。というのもワームは消耗が激しく、ハードルアーはぶつけて壊さない限り、フックを変えれば問題なく使えます。

「気持ちよく楽しく釣れて、引き出しも増える」新体験のバスフィッシングにフロートボートは活躍しますよ^^

 

 

キャスティングが上手くなる

 

ハードルアーの釣りを重ね、岸際の釣りを展開していくとキャスティング精度が必要です。

キャストでルアーを障害物に引っ掛け、そのルアーを回収の度に、バスが危険を察知して逃げてしまいます。

チョウチン釣りならOKですね(笑)

しかし現場ではギリギリを攻めないと見切られて釣れないこともあり、そこが狙って釣るゲーム性の高さでもあります。

そんな実戦から得られる練習で少しづつキャスティングは上手くなるはずです。

 

レンタルフロートボート詳細はこちら

 

フロートボートで釣りをする時の注意点

先ほどのデメリットでお伝えした点の他に必ず守ることは、釣り人の安全と車の駐車場所やゴミのポイ捨てなど近隣住民の方々に迷惑にならないよう十分な注意をしてください。

安全の為、ライフジャケットは必ず着用しましょう。

また改造しやすく、楽しいフロートボートですが無理な操船や改造は危険です。

怪我や命の危険が伴う水辺のレジャーですので十分に注意して安全に楽しんでください。

 

まとめ

ご紹介したようにフロートボートはカスタムも自在。

通っているフィールドで浮かべても良し。未知なるフィードでの開拓はとてもワクワクして面白いです。

一度やってみるとハマるかもしれません。釣果アップや技術や魚探しの向上にオススメです♪