ミドスト

ミドストとはミッドストローリングの略で近年バスフィッシングで使われるテクニックの一つです。

ご存知の方も多いかと思いますが、ロッドワークで中層にルアーレンジをキープしてバスを誘うテクニックのこと。

最近は多くプロが実践し、釣果をあげています。しかし、ミドストというと難しそう、ノー感じが嫌だという声を聞きます。

そんな小難しいこと必要ないよと思われる方も、いらっしゃるかもしれませんが、それもその通りだと思います。

バスのいるレンジに合わせてハードルアーを使って釣れることもありますし、釣れないのもこともあります。自然相手なので「バスが居る=ルアーにバイトする」ワケではないからです。ただアプローチやルアーを変えたら劇的に釣れることもあるのは事実です。

あくまで遊び、趣味なので、楽しむのが一番。そしてバスフィッシングは多彩なスタイルがあるので別れて当然だと思います。

その中の一つのテクニックとして、ミドストは引き出しにあっても悪くはないです。

そんな私は以前ミドストの威力に驚愕したことがあります。その時は中層をチェックするのにクランク、シャッド、ミノー、今で言うジグスト(ラバージグミドスト)と使って反応がなく、試しに軽いジグヘッドにピンテールワームを使って、いわゆるミドストを試すことに、、、するといきなり1時間ほどで4匹連発したことがあり、目から鱗状態。衝撃でした。そんな経験からミドストを使うようになり今では絶対にあった方が良いと断言できるシーズンやフィールドがあるほど強力なテクニックです。

そんなとっつき難いとされるミドストはどのように実践すれば良いのでしょうか。

ミドストロッドアクション

百聞は一見に如かず

青木プロのミドスト解説動画

ミッドストローリングと言えば山岡プロ 実釣動画

タックルバランス

まず最初に大事なのはタックルバランス。

ロッド

ロッドは固すぎるモノは向きません。何故なら一定の層をアクションさせながら引くのに少し弾性があった方がリズムを取りやすくからです。またラインを張りすぎることも防止してくれます。とても大切なことで、ソフトルアーのアクション全般に言えることですが、ラインを張りっぱなしのアクションは釣果に結び難く、よくありません。適度なラインスラック取りながらアクションすることが重要です。

また、絶えず動かし続けるロッドワークなので固すぎるロッドですと、バイトを弾いてしまうことがあります。

特に春から初夏にかけてミドストは大変効果的で多くのバスをキャッチしますがロッドが全く合わないと乗らない、柔らか過ぎてもフッキングが決まらないといったことが頻発。こと、川スモールに関してはこの釣り方で40後半、50クラスのバスがバイトしてきても口が硬くフッキングが決まらなかったが為にジャンプでバラされてる光景を数多く見ています。

釣りをしていてバレるのは、どうしても起こってしまう事なのでしょうがないですが、タックルバランスが原因としてあると、悔しいですよね。

ラインブレイクでバスに針を残すなんて可哀相。もちろん故意ではなく起こってしまうこともありますが切れないよう最善を尽くしたい部分です。

もしかすると、そのバラした・切られた魚が記録フィッシュの可能性だってあります。

これからミドストをやってみたいという方は、ルアーにもよりますが低中弾性カーボンのスピニングロッドがおすすめです。

現在のロッド市場には親切にミドスト専用機種が発売されているので使ってみるのも良いかもしれません。

created by Rinker
レジットデザイン(LEGIT DESIGN)
¥29,808 (2019/09/20 16:06:13時点 Amazon調べ-詳細)
送料無料 フェンウィック エイシス スピニングロッド ミッドストローリング・スペシャル ミドスト スペシャル 釣り フィッシング ロッド 釣竿 釣り竿 バスロッド ACES66SLJ Mid Strolling Special fenwick ティムコ FEN010062016630

 

リール

リールは特に気にする点はありませんが、ハイギアだと重要なラインスラックを出しにくいと思われる方もいます。ゆっくり巻くのが苦手な方でしたらノーマルギアをオススメします。

僕、個人としてはバイトしてきた時に手前に走られたり、遠距離で掛けて巻くスピードが遅かったが為にバレるのが嫌なのでハイギアにしています。川バスをメインに釣りをしているのでリールは全てハイギアをベースにしています。

 

ライン

ラインはフィールドや水深によります。

全てこのセティングで完璧ということはなく、水深が深く障害物が少なければ細め、障害物があれば太く、流れが速ければ細め、距離を出したければPE、風が吹いていてPEが扱いにくければフロロなど、、フィールドの特徴やその日のコンディションに合わせて使いやすく切れにくい太さのラインを選びます。

私は普段シャローリバーでの釣りをメインとしているのでPE0.6~0.8号リーダーフロロ4~5lb、風がある日や深めを狙うならフロロカーボン4lbを基準に使っています。

created by Rinker
クレハ(KUREHA)
¥1,546 (2019/09/20 16:57:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

ミドストオススメルアー

実績あるミドストワームはこちら

created by Rinker
ディスタイル
¥950 (2019/09/20 16:11:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ゲーリーインターナショナル(Gary
¥660 (2019/09/20 16:06:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥831 (2019/09/20 16:11:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
フィッシュアロー(Fish Arrow)
¥832 (2019/09/20 16:11:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

ジグヘッド

created by Rinker
ケイテック(KEITECH)
¥544 (2019/09/20 16:41:37時点 Amazon調べ-詳細)

初めてミドストを試す方はペラ付きのジグヘッド、ウィールヘッドがレンジをキープしやすいくてオススメです。

created by Rinker
フィッシュアロー(Fish Arrow)
¥555 (2019/09/20 17:41:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

ミドストにオススメ専用ハードルアーも効果的。

created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)
¥1,652 (2019/09/20 01:05:04時点 Amazon調べ-詳細)

ミドストをマスターしてビッグバスをキャッチしてください^^

ご覧頂きありがとうございます。ご参考に慣れば幸いです。

スポンサーリンク